転職活動時の志望動機について

どんな志望動機をに述べるあまり良い評価を得られないのでしょうか。転職活動における面接の際には、志望動機の内容は特に重視され、採否の判断基準にもなります。ほとんどの面接において質問されるものなので、つい志望動機を語るのに一生懸命になってしまいます。実際に採用する人にとって判断が難しい内容の志望動機もあるといいます。中には人事担当の面接官がつい困ってしまうような志望動機もあるようなので要注意です。

 

評価される志望動機もあれば、敬遠される志望動機もあります。事前にしっかりと調べて、準備してから面接に臨むようにしたいものです。将来性と安定性に魅かれてとか、業務内容に興味を持ってなど、使い古されたフレーズも多いものです。転職サイトや雑誌のマネのような具体性のない志望動機はあまり良いとはいえません。将来性の事を言うならば、なぜ将来性があるように思えたのかを付け加えるだけでも印象が変わります。

 

もし業務内容に関心があるのなら、もっと細かく業務内容のどの部分が良いと思うのか伝えることでもっと内容が良くなります。面接の評価をアップさせるには、志望動機を具体的にすることが大切です。転職の志望動機は採用する側から見たら、長く働いてくれそうかどうかを見る大切なポイントになります。漠然とした内容ではなく、就職したい会社に合わせた内容で、自分の言葉で伝えることが重要になります。

 

 

 

Comments are closed.